論文等

原著論文

*Kazuya Saito, Takaaki Ikeda, Yasuhisa Yamamura, Hideki Saitoh, Mafumi Hishida, Yutaro Kobayashi, Takeshi Fujita, and Junji Ichikawa,
Cell-quintupling: Structural phase transition in a molecular crystal, bis(trans-4-butylcyclohexyl)methanol,
The Journal of Chemical Physics 146, 074503 (2017).

概要: ガラス転移のモデル物質の探索の過程で合成した有機化合物BBCHMの結晶が低温で,単位胞の5倍化を伴う構造相転移を起こすことを見出した.赤外吸収スペクトル,構造解析,熱容量カロリメトリーにより構造科学的特徴を明らかにするとともに,構造相転移の一般論の文脈で本物質における単位胞の5倍化の意味を議論した. 【齋藤一弥(全体統括と論文の執筆),山村泰久(赤外スペクトルと熱容量カロリメトリーの実験の中心),菱田真史(議論)】
| |