論文等

原著論文

*Kazuya Saito, Mafumi Hishida, Kent Koike, Shigenori Nagatomo, and Yasuhisa Yamamura,
X-ray study of molecular association in alcohols having bulkysubstituents,
Chemical Physics Letters 673, 74-77 (2017).

概要: 分子液体の局所構造をX線回折により調べた.分子が球形に近いことに着目して粗視化(分子形状因子の平均化)を行う解析法を提案した.2種の大きな置換基を持つアルコールについて解析を行い,最近接分子間距離の温度依存性に顕著な違いを見出した.これは,他の実験から推測されている水素結合による会合状態とよく整合している. 【齋藤一弥(解析,原稿執筆),菱田真史(実験),山村泰久(議論)】
| |