論文等

原著論文

*Yasuyuki Kimura,
Hydrodynamically Induced Collective Motion of Optically Driven Colloidal Particles on a Circular Path,
Journal of the Physical Society of Japan 86, 101003/1-7 (2017).

概要: 自己推進微小物体のような典型的なアクティブマターにおいて、構成要素間の流体力学的相互作用に由来する特徴的な集団運動は、生物系および人工系の両方で観察されている。光により駆動される低レイノルズ数の1次元系におけるこのようなマイクロメーターサイズの粒子の動きを、それらの流体力学的相互作用により議論した。この系では、平衡状態で観察される「結晶」または「クラスター」に似た規則的な定常的な、あるいは動的な配置が出現する。空間的に限定されたシステム、および、異なる粒子サイズを混合した系において、流体力学的相互作用の変化に伴う、集合運動の変化が観察された。本研究に関連した光操作技術および流体力学的方程式についても議論した。 【市川正敏(リズム運動の議論)】
| |