論文等

原著論文

Salomé Mielke, Taichi Habe, Mariam Veschgini, Xianhe Liu, Kenichi Yoshikawa, Marie Pierre Krafft, and *Motomu Tanaka,
Emergence of Strong Nonlinear Viscoelastic Response of Semifluorinated Alkane Monolayers,
Langmuir, in press.

概要: 本研究では、界面膨張レオロジー法によりフッ化炭素鎖と炭化水素鎖からなるテトラブロック型両親媒性分子di(FnHm)の気液界面単分子膜の粘弾性特性測定を行った。膜面積の周期的な強制振動に対する周波数分散応答関数がdi(FnHm)の2次元ゲル形成を示唆したため、ケルビン‐フォークトモデルを用いた粘弾性解析を行った。しかし、低表面張力条件・小振幅条件においても、応力応答関数が明確な非線形性を示した。応答関数のフーリエ変換解析により、鏡面対称性に起因した非線形弾性成分に対応する奇数次モードのみが増大することを明らかにした。このような弱い表面張力とひずみ振幅におけるdi(FnHm)単分子膜の強い非線形粘弾性は、これまでに報告されている界面活性剤系には見られない特徴であり、分子間の自己会合ドメイン形成が界面物性に大きな影響を与えていると考えられる。
| |