論文等

原著論文

Ryoichi Tenno, You Gunjima, Miyu Yoshii, Hiroyuki Kitahata, Jerzy Gorecki, Nobuhiko Jessis Suematsu, and *Satoshi Nakata,
Period of oscillatory motion of a camphor boat determined by the dissolution and diffusion of camphor molecules,
Journal of Physical Chemistry B, in press (2018).

概要: プラスチック板の下に樟脳粒をつけたものを樟脳粒が下になるように水面に浮かべると、プラスチック板の下部を樟脳分子が拡散する。そして、プラスチック板の端での濃度がある閾値以上になると表面張力差によってプラスチック板が急に動き始め、しばらく運動したのち静止する。その後も静止と運動を間欠的に繰り返す様相が観察される。この間欠的な運動の周期は、系の温度が高いほど短くなる。この温度依存性に関して、拡散係数や粘性、樟脳の溶解率をもとに議論した。 【北畑裕之:理論的解析】
| |