論文等

原著論文

*Mark Fricker, Dai Akita, Luke L. Heaton, Nick Jones, Barak Obara and Toshiyuki Nakagaki,
Automated analysis of Physarum network structure and dynamics,
Journal of Physics D: Applied Physics 50, 254005/1-14 (2017).

概要: 粘菌モジホコリの管ネットワークの幾何学を解析するための画像処理ソフトウエアを開発した。ある特定形状の閉鎖空間から脱出するときにできる管ネットークの輸送性能を評価した。ポアズイユ流を仮定して太さと長さにより管のコンダクテビテイを空間の任意の点で出口点を基準に定量化して等高線図を描いた。空間形状に適応的な輸送ネットワーク形成能があることがわかった。
| |