論文等

原著論文

Makoto Iima, Hiroshi Kori and Toshiyuki Nakagaki,
Studies of the phase gradient at the boundary of the phase diffusion equation, motivated by peculiar wave patterns of rhythmic contraction in the amoeboid movement of Physarum polycephalum,
Journal of Physics D: Applied Physics 50, 154004/1-10 (2017).

概要: 粘菌モジホコリの変形体の行動は、細胞各部で生じる収縮リズムを要素とした結合振動子系として捉えられている。位相方程式に基づいて境界条件の効果を解析的に考察した。粘菌は、刺激受容部で局部的に周波数を変調し、位相波を作り出し、移動方向を変えるので、このような観察結果と比較検討した。
| |