論文等

原著論文

Hiroki Taniguchi, Shota Suzuki, Tomonori Arakawa, Hiroyuki Yoshida, *Yasuhiro Niimi, and Kensuke Kobayashi,
Fabrication of thin films of two-dimensional triangular antiferromagnet Ag2CrO2 and their transport properties,
AIP Advances 8, 025010/1-6 (2018).

概要: 二次元三角格子を持つ反強磁性体Ag2CrO2を用いて、機械的剥離法により100nmの厚さの薄膜素子を作製し、室温から5Kの間で電気測定を行った。多結晶試料で知られているのと同様に、約25Kにおいて反強磁性秩序の形成による抵抗率の減少が観測された。薄膜素子の抵抗率は多結晶試料よりも一桁小さかったが、これは、微小な試料であるために結晶性が高かったことを意味する。この結果は、原子層サイズの反強磁性体のデバイス応用に向けた新しい展開をもたらすものである。
| |