論文等

原著論文

Kay Brandner, Taro Hanazato, *Keiji Saito,
Thermodynamic Bounds on Precision in Ballistic Multi-Terminal Transport,
Physical Review Letters 120, 090601/1-5 (2018).

概要: 多端子電気伝導系を考え、近年提唱されたゆらぎとエントロピー生成率に関するトレードオフ関係式(熱力学的不確定性関係式)の考察を行った。我々の系では、時間反転対称性を破った系や量子系を扱えるという意味で、従来の研究を超えたあたらしい関係式 を見いだせる可能性を持っている。解析の結果、これまで知られていなかった新しい関係式を見出した。
| |