論文等

原著論文

*Yoshinori Imai, Yuichi Sawada, Fuyuki Nabeshima, Daisuke Asami, Masataka Kawai, Atsutaka Maeda,
Control of structural transiton in FeSe1-xTex thin films by changing substrate materials,
Scientific Reports 7, 46653/1-5 (2017).

概要: LAO基板上でも鉄カルコゲナイドのTe置換試料がすべてのTe量にたいして作製できることを示したと同時に,Te置換とともに構造相転移が抑制されると同時に,超伝導の臨界温度が不連続的に増大することを示した。
| |