論文等

原著論文

*Tatsuaki Tsuruyama,
Channel capacity of coding system on Tsallis entropy and q-Statistics,
Entropy 19, 682 (2017).

概要: 情報科学の分野は大きく発展しており、様々な分野のアプリケーションが発展している。 本稿では、Tsallisエントロピー理論の符号化方式をメッセージ伝送に関して評価し、与えられた符号長の範囲内でTsallisエントロピーを最大化することによりチャネル容量を定式化することを目的とした。 その結果、符号長と符号出現確率との間の単純な関係式、さらにはTsallisエントロピー統計に基づくチャネル容量の一般化された定式化を得た。 この理論的枠組みは、データ処理技術および他のアプリケーションに貢献する可能性がある。
| |