論文等

原著論文

*Hiroyuki Kitahata and Natsuhiko Yoshinaga,
Effective diffusion coefficient including the Marangoni effect,
Journal of Chemical Physics 148, 134906 (2018).

概要: 水面の粒子から表面張力を変化させる化学物質が溶け出すと、水面に化学物質の濃度勾配ができてそれがマランゴニ対流を作り出す。また、移流によって対流が化学物質を輸送することによって、化学物質の拡散は速くなる。このマランゴニ対流の効果を解析的に取り入れ、実効的な拡散係数を計算した。見積もった拡散係数と数値計算、および実験の結果とを比較しよい一致を得ている。 【北畑裕之(理論の構築、数値計算、論文執筆)】
| |