論文等

会議録

Takashi Imamura, *Tomohiro Sasamoto,
On the q-TASEP with a random initial condition,
Theoretical and Mathematical Physics, in press.

概要: ASEPやqTASEPと呼ばれる多粒子確率過程模型のカレント揺らぎを調べる際、step型と呼ばれる初期条件の場合はレプリカ法とベーテ仮説を組み合わせた方法が有向であるが、定常状態において同様の手法を適用しようとすると、モーメントが発散するという問題が生じる。本論文では、この問題を、q変形したラプラス変換を直接計算することで解決出来る事を議論した。
| |