論文等

原著論文

*Hajime Yoshino,
Disorder-free spin glass transitions and jamming in exactly solvable mean-field models,
SciPost Physics , in press (2018).

概要: 過冷却スピン液体状態から、ガラス転移、ジャミングを示す、一群のM成分ベクトルスピン模型を新たに構成、解析した。いわゆる「スピングラス」とは異なり、外的なランダムネスなしに、自発なガラス転移が起こる。この系は結合数c=αMの格子上で定義され、M無限大極限で厳密に解くことができる。ある極限でランダムエネルギー模型が厳密に導かれ、この系に「自己生成されたランダムネス」が存在していることが示された。この理論は、回転自由度を伴う様々な系、例えば方向自由度を持つ分子の液体、連続彩色問題における色角度、フラストレート磁性体におけるベクトルスピンなどにおけるガラス転移を統一的に記述する枠組みを与える。具体的な解析により、回転自由度のガラス転移は、さまざまなタイプのレプリカ対称性の破れを伴うことがわかった。特にハードコア相互作用(スピン空間内)する場合、系のジャミング(あるいはSAT/UNSAT転移)のユニバーサリティは、剛体球系と同じになることが明らかになった。
| |