論文等

原著論文

Naoki Nakatani, Hiroki Sakuta, Masahito Hayashi, Shunsuke Tanaka, Kingo Takiguchi, Kanta Tsumoto and *Kenichi Yoshikawa,
Specific Spatial Localization of Actin and DNA in a Water/Water Microdroplet: Self‐Emergence of a Cell‐Like Structure,
ChemBioChem 19, 1370-1374 (2018).

概要: 複数の種類の高分子の混雑する溶液で、高分子が各相に分かれミクロ相分離を起こす条件下、アクチンやDNAなどの生体高分子が、特異的に液滴の内部に自発的に局在化し、細胞内の構造に似た形態が生じることを明らかにした。 【吉川研一(実験のアドバイスと考察、論文作成)表紙に選ばれた。Very Important Paper(VIP)に選出。】
| |