論文等

原著論文

Eiki Iyoda and Takahiro Sagawa,,
Scrambling of quantum information in quantum many-body systems,
Physical Review A 97, 042330/1-9 (2018).

概要: 孤立した量子多体系において、量子情報が非局在化するプロセスはscramblingと呼ばれている。本研究では数値厳密対角化によって、量子スピン系のscramblingについて系統的に研究した。Scramblingの指標として、三体相互情報量を採用した。結果として、非可積分系と可積分系で大きな違いが見られないことを確かめた。また、disorderのないSachdev-Ye-Kitaev模型では、三体相互情報量の時間ゆらぎが大きくなることを見た。
| |