(

A02公募(2014-15) 上妻 幹旺

論文等 | 原著論文

2015

Toshiyuki Hosoya, Martin Miranda, Ryotaro Inoue and *Mikio Kozuma,
Injection locking of a high power ultraviolet laser diode for laser cooling of ytterbium atoms,
Review of Scientific Instruments 86, 073110/1-4 (2015).

概要: 我々は、紫外半導体レーザーを用いて、イッテルビウム(Yb)原子のレーザー冷却に適用可能な、波長399nmの高出力レーザー光源を開発した。外部共振器型半導体レーザーを用いて出力40mWの種光を準備し、別の半導体レーザーに注入同期をかけることで、220mWの出力を得ることに成功した。我々が開発した、「注入同期を最適化するための系統的な手法」は、他波長の高出力半導体レーザーに対しても適用することができ、可搬型光格子時計を始めとする各種レーザー冷却実験の光源として有用と考えられる。

Martin Miranda, Ryotaro Inoue, Yuki Okuyama, Akimasa Nakamoto, and *Mikio Kozuma,
Site-resolved imaging of ytterbium atoms in a two-dimensional optical lattice,
Physical Review A 91, 063414/1-6 (2015).

概要: 我々は2次元光格子中にトラップされた冷却Yb原子気体に対する量子気体顕微鏡を世界で初めて実現した。Yb特有の紫外域における双極子光学遷移(波長399nm)と固浸レンズとを利用することで、光格子の各サイト(サイト間隔544nm)を分解して個々の原子を観測することに成功した。サイトが空であることを正しく判定できる確率は99%以上と見積もられた。またサイトを単一原子が占有していることを正しく判定できる確率は90%と見積もられた。【2015年7月24日付の科学新聞に掲載】