(

A03公募(2016-17) 車 兪澈

論文等 | 原著論文

2018

Takumi Furusato, Fumihiro Horie, Hideaki T. Matsubayashi, Kazuaki Amikura, Yutetsu Kuruma, and *Takuya Ueda,
De novo synthesis of basal bacterial cell division proteins FtsZ, FtsA, and ZipA inside giant vesicles,
ACS Synthetic Biology 7(4), 953–961 (2018).

概要: 細胞分裂に関わる主要な3種の膜表在タンパク質を、巨大膜小胞(GUV)と試験管内タンパク質合成系から成る人工細胞内部で合成し、膜の形状変化を観察した。3種のうちZipAは、脂質二重膜を貫通するドメインを持った膜挿入タンパク質である。このZipAが細胞分裂時にリング形成をするFtsZを膜上にリクルートし、さらに突起状に膜を形態変化させることを見出した。今回の結果は、2種類のタンパク質のみが膜上で相互作用することで、脂質膜の形を変化させることを示したものである。

Giordano Rampioni, Francesca D’Angelo, Marco Messina, Alessandro Zennaro, Yutetsu Kuruma, Daniela Tofani, Livia Leonia, and *Pasquale Stano,
Synthetic cells produce a quorum sensing chemical signal perceived by Pseudomonas aeruginosa,
Chemical Communications, in press (2018).

概要: クオラムセンシングは、一環境中における細胞密度をお互いにセンシングするバクテリアの機構である。そのシグナル分子であるホモセリンラクトン(HSL)を人工細胞内で合成し、実際のバクテリアとの間でHSLを介したコミュニケーション系を再現した。HSLは通常バクテリア細胞内で、RhlIという酵素によって合成される。本研究ではこのRhlIの合成自体から人工細胞で行なったものであるため、生細胞のように自律的に振る舞うことのできる。本研究は、人工物と生きた細胞の間で、化学物質を介した情報伝達系を実現したものであり、プログラムされたドラッグデリバリー系としての応用が見込まれる。