(

A04公募(2016-17) 河野 行雄

論文等 | 原著論文

2017

Takaaki Iguchi, Takeyoshi Sugaya, and *Yukio Kawano,
Silicon-immersed terahertz plasmonic structures,
Applied Physics Letters 110, 151105-1-4 (2017).

概要: テラヘルツ照射下におけるプラズモンのダイナミクスを調べた。時間分解測定から、テラヘルツパルス照射後にプラズモン由来の信号が遅れて出現することを見いだした。また、そのフーリエ変換による周波数スペクトルからシリコン周期構造に応じた共鳴周波数を示すことが分かった。この局所的に集中しているプラズモンと、外部試料との近接的な相互作用から、大きな信号変化を取り出すことができた。

2016

Daichi Suzuki, Shunri Oda and *Yukio Kawano,
A flexible and wearable terahertz scanner,
Nature Photonics 10, 809-814 (2016).

概要: カーボンナノチューブ膜がテラヘルツ光をよく吸収することを用いて、フレキシブルなカメラを開発した。テラヘルツイメージング測定から、異種材料界面での強いテラヘルツ応答を見出した。この結果から、応答メカニズムが電子の加熱効果に基づくことがわかった。

Xiangying Deng, Shunri Oda, and *Yukio Kawano,
Frequency Selective, High Transmission Spiral Terahertz Plasmonic Antennas,
Journal of Modeling and Simulation of Antennas and Propagation​​ 2, 1-6 (2016).

概要: テラヘルツ波の波長よりも小さい微小サンプルの解析を行うには、サブ波長空間にテラヘルツ電界を集中させる必要がある。さらに、複数の周波数帯での測定が必要となる。これらの条件を満たすため、スパイラル形状のプラズモニック構造を新規に提案した。電磁界シミュレーションの結果から、スパイラルの形状によって任意に周波数帯域を設定できることを示した。