(

A04公募(2016-17) 坪田 誠

論文等 | 原著論文

2017

*Che-hsiu Hsueh, Wen-Chin Wu, and Makoto Tsubota,
Quantum crystallography of Rydberg-dressed Bose gases on a square lattice,
Physical Review A 95, 013631/1-5 (2017).

概要: 2次元正方格子上に置かれたRydberg型の長距離相互作用をもつボース気体の基底状態を、平均場グロス・ピタエフスキー方程式により調べた。相互作用の特徴的距離とポテンシャルの深さに依存して、アモルファス、多結晶、ボース・グラス等多彩な基底状態が得られた。これらの状態の異方的超流動密度を求めた。

2016

*Shinichi Ikawa, and Makoto Tsubota,
Coflow turbulence of superfluid 4He in a square channel: Vortices trapped on a cylindrical attractor,
Physical Review B 93, 184508/1-8 (2016).

概要: 超流動4Heのcoflowと呼ばれる状況での量子乱流の数値的研究を行った。歴史的に研究されて来た熱対向流とは異なり、coflowとは超流体と常流体が同方向に流れる状況である。昨年行われた実験が本研究の動機である。この場合、量子渦を引き込むアトラクターが出現することがわかった。量子渦はアトラクターに引き込まれ、非一様な乱流構造を作る。

*Kazuya Fujimoto, Makoto Tsubota,
Direct and inverse cascades of spin-wave turbulence in spin-1 ferromagnetic spinor Bose-Einstein condensates,
Physical Review A 93, 033620/1-10 (2016).

概要: スピノール・ボース・アインシュタイン凝縮におけるスピン波の波動乱流を解析的および数値的に研究した。弱波動乱流理論をこの系に適用し、特徴的なベキ乗則を持つ、順カスケードおよび逆カスケードが生じることを見いだした。グロス・ピタエフスキー方程式の数値計算意より、この描像を確認した。