研究項目

公募研究 A03(2016-2017) 機能班

細胞組織の動力学の理解へ向けた自己駆動粒子の集団運動の解析

研究代表者

義永 那津人  YOSHINAGA, Natsuhiko

東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 准教授
URL : http://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/~yoshinaga/index_j.html

研究概要

細胞の内部構造は非常に複雑であるが、その力学的な性質は、高分子あるいは液晶、膜といったソフトマターの集合体として、特にフィラメントと分子モーターからなる細胞骨格を中心に支えられている。一方で、一個体としての細胞はエネルギーを消費しながら非平衡状態で自発的に変形し運動している。これらの二つの階層が、さらに上位にある集団としての細胞組織のマクロな性質、特に外部の力学的な刺激に対する応答や細胞の協同的な配置の変化へとつながるのかを明らかにしたい。自発運動・変形する粒子の集団ダイナミックスの解析と、アクティブソフトマターとして細胞運動の数理モデルの構築の両面から、細胞組織の普遍的な理解を目指していく。

新学術領域研究「ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立」