領域賞

  • 新学術領域「ゆらぎと構造」では、本領域において特に秀でた研究業績を挙げた研究者に領域賞を贈っています。
  • 第1回の領域賞は沙川氏、車氏、岩楯氏の3名が選ばれました。
  • 九州大学で開催された第3回領域研究会の2日目、2016年6月18日に授賞式と受賞講演を行いました。
  • 第2回は2018年第1四半期を予定しています。
第1回領域賞受賞者  2016.06.18
沙川 貴大
東京大学
非平衡統計力学の定式化とその応用
Formulations in Nonequilibrium Statical Mechanics and Their Applications
車 兪澈
東京工業大学
GUV内環境での脂肪鎖合成による動態変化観察とその物理
Construction of Fatty Acid Synthesis within Giant Unilameller Vesicles: Observation and Analysis of its Physicochemical Dynamics
岩楯 好昭
山口大学
遊走細胞のかたちを決める分子ダイナミクス
Molecular Dynamics of Crescent-Shape Determination of Motile Cells
新学術領域研究「ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立」